ネットワーク構築の流れとは?3つの手順を簡単解説

オフィスにおいてネットワーク環境の構築は最重要であり、常に最適な状態に保つ必要があります。

ネットワーク構築の流れとは?

しかし、ネットワークと簡単にいっても、それを構築するのは容易なことではありません。
当然、しっかりした流れに沿って構築しなければ、後々トラブルが発生するケースは多々あるのです。

そこで今回は、ネットワークを構築するとき事前に行う基本的な3つの手順について簡潔にご説明いたします。

▶︎目次

1.ネットワーク構築の流れは?基本的な3つの手順

単にネットワーク構築といっても、ただインターネット回線を引いてLANケーブルをパソコンに繋げばいいわけではありません。

流れに沿って構築しないと、せっかくネットワークを構築しても使い勝手が悪くなり、構築した意味がないですよね。

ネットワーク構築の基本的に3つの手順

そこで、ネットワークを構築するときは、事前に以下の基本的な3つの手順を踏んでおく必要があります。

  • 手順➀ 現状調査
  • 手順➁ ネットワークシステム設計
  • 手順➂ 運用・管理体制の整備

手順➀ 現状調査

ネットワークを構築するときは、まず利用したい要件が実現できるか確認するために現状調査を行いましょう。
ネットワークの問題点やセキュリティ状況、プロジェクトなどを調査しておけば、ネットワーク構築後のトラブル発生を最小限に押さえられます。

運用途中で想定外の要件が追加されれば、最初から構築し直さなければならないケースも。
つまり、自社の環境に合わせたネットワーク構築ができるかということに注目して現状を把握するのが重要になります。

手順➁ ネットワークシステム設計

現状調査によってある程度の利用方針が決まったら、次にネットワークシステム設計を行っていきます。

設計を行うことで、利用方針がしっかり反映できるので、利用目的に沿ったネットワークの構築が可能に。さらに、ネットワーク構築後の運用・管理がしやすくなります。

その際、できるだけシンプルに誰が見ても分かるように設計することが大切。
煩雑にシステム設計にしてしまうと、ネットワーク構築後にトラブルが発生したときに原因の究明が難しく運用の手間が増えてしまいます。

手順➂ 運用・管理体制の整備

最後にネットワーク構築後の環境維持のため、運用・管理体制を整備しておきましょう。

今やインターネットを含めたネットワークはビジネスで欠かせないもの。
万一重大なトラブルが発生してシステムダウンすれば、多大な損害を与える死活問題にもなりえます。

そのような事態を未然に防ぐためにも、ネットワーク構築後の運用・管理体制の整備は重要なのです。
その際、管理・運用作業がしやすくなるように、専門家に相談しながら管理方法をマニュアル化しておくと、担当者が不在のときでも対応できるようになります。

以上のように、実際にネットワークを構築する前に、「調査~システム設計~運用・管理体制の整備」という手順で進めていけば、ネットワーク構築後も安定した運用が可能になります。

2.まとめ

現代のビジネスにおいて、ネットワークは欠かせないもの。そのネットワーク構築は、丁寧かつ的確に行う必要があります。

基本的にネットワーク構築は煩雑なため、専門業者に相談しながら「調査~システム設計~運用・管理体制の整備」という手順で進めていくことが重要。

また、トラブルが発生したときの対処方法も決めておくようにしましょう。
ネットワークはビジネスを行ううえで無くてはならないものなの。まずは、自社で使いやすいネットワーク構築が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です