小規模オフィスのネットワーク構築は無線LANがおすすめ!

現代は働き方が多様化し、様々な業者で起業する人が増えています。
開業する形は様々ですが、オフィスとして事務所を開設するとき、電話などとともに絶対に必要なのがインターネット環境ですよね。

小規模オフィスのネットワーク構築

個人事業主として起業するなら、自分だけインターネットが使えれば問題ないものの、ある程度の規模の事務所を開設するなら、ネットワーク環境を構築する必要があります。

一般的な企業では有線LANが構築していきますが、小規模オフィスでは無線LANがおすすめ。
ということで今回は、小規模オフィスに無線LANをおすすめする理由と構築方法などご説明いたします。

▶︎目次

1.小規模オフィスのネットワーク構築は無線LANがおすすめ!

オフィスにネットワークを構築する目的は、

  • インターネット接続
  • プリンター
  • 社内情報

以上を共有することであり、OA機器や情報などが有効に活用できる能率的な職場環境を作るということです。

小規模オフィスのネットワーク構築は無線LANがおすすめ

通常、ネットワークを構築するとき「LAN」が使われます。そのLANには、

  • 有線LAN
  • 無線LAN

と、大きく2通りの接続方法があります。

有線LANの特徴

有線LANは、そのままLANケーブルを使う有線接続。ルーター⇒ハブ⇒パソコンといった接続方法になります。
ハブ(HUB)とは、LANケーブルを分岐/中継するための機器です。

有線LANは、通信速度が速く通信が安定しているので、データ量の多い通信に強い特徴があります。
ただし、LANケーブルを利用するため、配線経路の確保が必要になり、上手に配線しないとオフィスの景観が悪くなってしまいます。

小規模オフィスは無線LANがおすすめ!

無線LANはその名の通り、LANケーブルの代わりに電波でインターネット接続を行います。

また、最近では携帯・スマホの急激な普及により「Wi-Fi」という言葉が注目されていますよね。
通常、「無線LAN=Wi-Fi」で問題はないのですが、厳密には『無線LANという大きなくくりのなかにWi-Fiがある』ことになっています。

そこで、なぜ小規模オフィスで無線LANがおすすめなのかといえば、LANケーブルの配線が必要ないからです。

LANケーブルを使う有線LANの方が通信速度も速く安定します。
しかし、小規模オフィスは基本的にスペースが狭いことから、LANケーブルを敷設する場合、配線経路の問題や、何よりオフィスの景観を損ねてしまいます。

無線LANでは、光回線の回線終端装置(ONU)に無線LANルーターを接続するだけで、電波が届く範囲であれば何台でもインターネット接続ができます。

また、無線LANルーター本体にはWANおよびLANポートが標準的に4~8ポート用意されており、LANケーブルでも対応可能。
オフィスに固定で設置するデスクトップPCをLANケーブルで接続すれば、データ量を気にすることなく安定したデータ通信ができます。

無線LANはセキュリティリスクに注意!

以上のように、無線LANはLANケーブルの敷設もなく手軽な面はあります。
ただし、無線LANルーターの設置場所によっては電波が屋外に漏れてしまい、以下のようなセキュリティリスクが考えられます。

  • 通信内容の傍受および改ざん
  • 内部ネットワークへの不法侵入及びなりすまし
  • 通信の妨害

そのため、無線LANルーターに様々な無線セキュリティ対策が施されています。

電波の漏えいは防ぐことはできませんが、電波でやり取りする情報を暗号化したり、第三者からの悪意あるアクセス・攻撃を遮断したりすることで情報が傍受されたり、LAN内に侵入される危険をふせぐことができます

2.まとめ

現代は、若い世代でも起業して開業する方は多く、働き方は多様化しています。

そこで、オフィスを開設する場合、インターネットは必須であり、ある程度の規模のオフィスではネットワーク環境を整備する必要があります。

通常、LANといえばLANケーブルを使う有線LANが利用されますが、小規模オフィスでは無線LANがおすすめ。
配線経路の確保も必要なく、無線LANルーターを設置すればインターネット接続ができる手軽さがあります。

もちろん、有線LANの方が通信は安定するので、上手に併用すれば快適なネットワークが構築できるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です