ホテルのネットワーク構築は無線LANがポイント!

ホテルといえば、フロントシステムや宿泊予約などのネットワークの構築はもちろんですが、今では無線LAN(Wi-Fi)システムの導入が死活問題になっています。

ホテルのネットワーク構築

無線LANは、Wireless LAN(ワイヤレス・ラン)のこと。
一般的にWi-F-で知られていますが、LANケーブルを配線しなくてもインターネット接続できるシステムの総称です。

そこで今回は、などホテルに無線LAN(Wi-Fi)が必要なのか?その理由を簡単にご説明いたします。

▶︎目次

1.ホテルのネットワーク構築で無線LANが必要な理由

まず、最近の円高により外国人観光客が増えたことで、各地のホテルは外国人宿泊者が急増している状態。

その際、宿泊者の誰もがケータイやスマホ、タブレットを所有している時代。
特に外国人観光客が使用しているスマートフォンは日本のキャリアのSIMが入っていないケースが多く、繋がりにくいといった問題が発生しています。

このように、不特定多数の人たちが利用・宿泊するホテルでは、時代の流れに沿った対応が求められ、中でも様々な端末でのインターネット利用を想定した対策が急務となっているのです。

ホテルのネットワーク構築で無線LAN(Wi-Fi)が必要な理由

そこで、対策となる大きなポイントが「無線LAN(Wi-Fi)」の導入です。

フロント・ロビーはもちろん、全客室にも無線LANのアクセスポイントの設置が必要。
特に外国人宿泊客はWi-Fi環境は必須となります。

もちろん、外国人観光客以外にも、

ビジネスマンの宿泊

ビジネスマンが宿泊の際、ノートパソコンやスマホ、タブレットを利用して、インターネットを利用して日報をメールで送信する、資料を検索するなど、様々な用途でインターネットが利用されます。

ファミリー宿泊

ファミリーでも、老若男女ケータイ・スマホを所有していることや、お子さまなどのゲーム機のインターネット接続するタイプもあり、ファミリーの宿泊でもインターネットはフル活用されます。

会議やセミナー

ホテルでは、会議やセミナーなど利用用途は様々。製品発表会や研修会など、無線LANを使ってインターネットへ接続する用途が非常に多いのです。

など、ホテルでは無線LAN(Wi-Fi)の利用は多いことが分かります。

最近では、ホテルをWi-Fi環境の有無で選ぶ人もいるなど、ホテルにおいては無線LANを含めたネットワーク構築が求められるのです。

2.まとめ

無線LAN(Wi-Fi)といえば、今では屋外にもWi-Fiスポットが整備され、数多くの人が利用しています。

その無線LAN(Wi-Fi)の導入はホテルでは特に重要となり、Wi-Fi環境の有無で宿泊客数に大きな影響を与えてします時代なのです。

規模が小さい宿泊施設ならポケットWi-Fiでも対応できますが、客室が多いホテルでは、ある程度の費用は必要になりますが、無線LAN(Wi-Fi)の導入は最低限のサービスとして必要になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です