ネットワーク構築の基礎「TCP/IP」を理解しよう!

現代のオフィスでビジネスを行っていく上で、ネットワーク構築は必要不可欠。

Webサイトの閲覧、電子メールの送受信、情報の共有など、業務で日常使っている機能は、すべてネットワークを構築しなければ利用することはできません。

そこで、ネットワーク構築の基礎として「TCP/IP」程度は理解しておく必要があります。

というわけで今回は、ネットワーク構築の基礎として知っておくべき「TCP/IP」について簡単に解説いたします。

▶︎目次

1.ネットワーク構築の基礎「TCP/IP」とは?

ネットワークの基礎となる「TCP/IP」とは、簡単にいえばネットワーク上のデータのやり取りで必要なプロトコル。

ネットワーク構築の基礎「TCP/IP」とは?

この「プロトコル(protocol)」とは、日本語訳で「規程」、「規約」、「規格」を意味し、IT業界においては「コンピューター同士が通信する手順や規約などの約束事」を指しています。

一般的に「通信プロトコル」、「ネットワークプロトコル」という言葉が使われます。

そのプロトコルの代表的な存在が「インターネットプロトコル」であり、その中で標準的に使われているのが「TCP/IP」なのです。

「TCP/IP」とは?

TCP/IPとは、

  • 通信の制御および信頼性を確保する役割を担う「TCP(Transmission Control Protocol)」
  • データをパケットに分割して通信相手との高速通信を可能にする「IP(Internet Protocol)」

という2つのプロトコルから構成されています。

パケットは、ネットワークを流れる一塊のデータ。packetは「小包」を意味しています。

TCP/IPは、IPがネットワーク上から必要なパケットを取り出してTCPに渡し、TCPはパケットに誤りがないかを確認してから元のデータに戻すという仕組みで通信が行われます。

TCP/IPでのパケット通信の手順が定められ、この手順に従うことでPCやスマホなど異なるOS間の相互通信の交換が可能に。

普段から利用するWebサイトを閲覧、電子メールを送受信、YouTubeなどの動画視聴などの行為は、すべて「TCP/IP」の手順に基づいてデータ通信が行われているのです。

2.TCP/IPには4つの階層がある

TCP/IPとは何なのかだけでもご理解していただけましたか?
そこで、このTCP/IPは大きく以下の4つの階層から構成されています。上位順に説明いたします。

TCP/IPには4つの階層がある

アプリケーション層

対応プロトコル:HTTP/SSH/POP3/IMAP/SMTP/FTP/DHCP

アプリケーション層は、普段インターネットを使ううえで一番身近な階層。サイトを閲覧するとき、パソコンとサーバーの間でデータのやり取りを規定する最も利用頻度が多い「HTTP」や、メール受信を規定する「POP3」はアプリケーション層に該当します。

トランスポート層

対応プロトコル:TCP/UDP

実際に通信網を利用してデータを転送するときに信頼性を確保する階層。
トランスポート層にTCPは該当し、パソコンとサーバーなど機器相互で転送の確実性を確保する役割を果たし、UDPは通信速度確保する役割を担っています。

インターネット層

対応プロトコル:IP

IPはインターネット層にあたり、主にネットワーク間のエンドツーエンド(E2E)の通信のための規定。
複数のネットワークを相互に接続した状態で各OS間のデータ通信を実現する役割を果たします。

ネットワークインターフェース層

対応プロトコル:Ethrenet/PPP

端末に接続されている通信インターフェースを規定する階層。各種イーサネット、無線LANなどがこの層に属します。
また、光回線などのPPP(Point To Point)もネットワークインターフェース層に該当します。

また、TCP/IP階層モデルは、国際標準規格(ISO)で規定された異なる端末間のデータ通信を実現するためのネットワーク構造「OSI参照モデル」に対応しています。イメージ的は以下の通り。
TCP/IP 4階層モデル
(出典:インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト「Think IT」)

3.まとめ

ネットワークの基礎となる「TCP/IP」とは、ネットワーク上のデータのやり取りで必要なプロトコル。

TCPとIPで構成され、TCP/IPを知らなければネットワーク構築はできないといっても過言ではない基礎となるポイントです。

Webサイトを閲覧、電子メールを送受信など、日常当たり前のように使用しているものは、すべて「TCP/IP」の手順に基づいてデータ通信が行われています。

また、TCP/IPの4つの階層についてご紹介しましたが、参考程度に覚えておいて頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です